【還暦記念ツーリング。本州・四国の旅】(第60回)
「本当にありがたうございました。お蔭で熊楠ワールドを堪能できました。」「いいえ。こちらこそお役に立ててよかつたです。わざわざ北海道からおいで頂きありがたうございました」「いいえ。ところで、遅くなつたところをまたまた申し訳ないのですが、一つだけお聞きしたいことがあるんですが・・・」「なんでせうか」「実は余りに急いでここへ来たものですから、今日泊まる宿をまだ決めてゐないんです。どこかいい宿をご存知ありませんか。」「ああ、さうですか。何軒か当てがありますから、電話してあげませう」「いえいえ、そこまでして頂かなくても、携帯も持ってゐますし」「大丈夫ですよ。お任せください」何といふ親切な方だらう!見知らぬ旅先での親切、心遣ひが一際身に沁みる。「何から何まで、本当に御親切に、ありがたうございます」二軒は空きがないとのこと。三軒目でやうやく空きあり。「ちよつと高いですがいいですか」「勿論です。それで結構です」予約してもらふ。既に六時近く。外は暗い。心底ほつとする。先程見た海を思ひ出す。

 熊楠の見た海の美しさ

「何から何まで御親切にして頂き、本当にありがたうございました。」「いいえ。どうかよい旅を」「はい。ありがたうございます」丁重にお礼の言葉を述べ、深々と頭を下げる。この恩は末永く忘れないだらう。感動と感謝の念を胸に「南方熊楠記念館」を出る。駐車場に戻り、バイクのエンジンをかける。「いつの日にか、また来よう。今度はもつと余裕を持って来よう。さうして、更にじつくりとゆつくりと展示を見よう」さう思ひながら、坂を下る。一路今日の宿へと向かふ。