【還暦記念ツーリング。本州・四国の旅】(第63回)
岸和田サーヴィスエリア(大阪府)。十二時十五分。   一一五、六キロ。

門真。十三時。息子のことが思ひ出される。数日前会った時は元気で安心した。これからも何とか元気でやって行ってほしい。心からさう思ふ。     一五九、七キロ。

吹田(中国自動車道) 。十三時十五分。    一七0キロ。

西宮名塩(兵庫県)。十三時三十五分~十四時十五分。1九三、八キロ。

 

西紀サーヴィスエリア(兵庫県)。十四時五十分~十五時二十分。二三四、七キロ。

土産を買つて送る。丹波の黒豆を使って作った、名物の黒豆だんごと黒豆まんじゅう。

快調に走ってゐると突然の土砂降り、時折雷。「おお、これか!」「それにしても参ったな。このままぢゃずぶ濡れだ・・・早く次のパーキングエリアかサーヴィスエリアに着かないか」と、間もなく、幸運なことにサーヴィスエリアの表示あり。心底ほつとする。ありがたい!バイクに雨は流石にきつい。

六人部(むとべ) パーキングエリア(京都府)。 十五時三十七分~十六時三十三分。二五八、七キロ。雨さへやめば未だ明るいはずだ。日が長いのは本当にありがたい。もう一頑張りだ。

ぼんやりと空を見ながら雨宿り・・・「一体いつになつたらやむんだ・・・いや、この雨は本当にやむのか・・・もしやまなかつたら・・・このまま降り続けたら・・・」次第に暗くなつて来る空を見てゐると 段々気分も暗くなつて来る。